• HOME
  • ファッション
  • 長く使うために知っておきたい。カシミヤって洗濯できるの?取り扱い方法をご紹介

長く使うために知っておきたい。カシミヤって洗濯できるの?取り扱い方法をご紹介

ファッション

「繊維の宝石」とも呼ばれている近年人気のカシミヤ、肌触りや暖かさが他の素材に比べると段違いですよね!
そもそもカシミヤとは、カシミヤヤギから採取した動物繊維です。厳しい環境で飼育されているので、寒気や乾燥に強い耐久力を持ち、環境に順応した毛質になっています。
カシミヤは軽く、保温性と吸湿牲に優れており、外気を遮断して放熱を抑える機能があります。また、優しい触り心地と上品な光沢がカシミヤ人気たる所以です。
そんなカシミヤですが、自宅でのメンテナンスの仕方はご存知ですか?
洗濯してしまって大丈夫なのか気になる方に向けて、今回はカシミヤの取り扱いについてご紹介いたします。ぜひ今後の参考にしてくださいね。

カシミヤは非常にデリケート!洗濯は必ず手洗いで!

カシミヤにはたくさんのメリットがありますが、その反面デメリットもあります。
ピリング(毛玉)が発生しやすかったり、摩擦に弱いため取り扱いには注意が必要になります。
それらを踏まえて結論から言うと、カシミヤは…洗濯できます!
ただし洗濯機でぐるぐる回してしまうのはご法度、必ず手洗いで優しく洗いましょう。
もう一点、洗剤は「おしゃれ着用中性洗剤」を使用しましょう。
中性洗剤は弱アルカリ性である一般的な洗剤よりも衣類にかかる負担が少ないので、デリケートなカシミヤにはおすすめです。
常温の水につけ、優しく押い洗いを繰り返します。擦ったり揉んだりなどは痛むので避けましょう。
あまり長いこと水につけておくのはよくないので、できるだけ短時間で洗うのがポイントです!
優しくすすいで、油分補給のために柔軟剤を含ませてあげ、軽く水気を絞ってから大きめのタオルでタオルドライをします。
そのあとは風通しの良い日陰で平干しで干します。ハンガーにかけたり洗濯バサミで止めたりすると伸びてしまうので注意してくださいね。

大事なのは普段のお手入れ

手洗いできるからといって、できる限りダメージになることは避けたいですよね。
普段の生活でちょっとしたことに気をつけると、カシミヤの持ちがグンとよくなるのでぜひ実践してください。

・肌に直接着けない

インナーやニット、コートの上から着用すると、皮脂や汗の付着を防止することができます。

・ブラシでお手入れ

使用後は洋服用のブラシで優しくブラッシングをしましょう。
そうすることで汚れやホコリがカシミヤに定着する前に落とせたり、毛玉発生の予防になります。

いかかでしたか?
正しい取り扱い方法で、より素敵なカシミヤライフを送りましょう!

PINCTADAで販売しているカシミヤ製品はこちら
https://www.pinctada.jp/products/list?category_id=92

ピックアップ記事

関連記事一覧