おしゃれでかっこいいメンズ日傘

その他

暑さや紫外線を防ぐための便利グッズが最近多くなってきました。その中でも日傘は、女性が持つイメージが強くありますが、最近では男性でも日傘をさしている光景を見るようになりました。
今回は、暑さ対策に困っている男性のために日傘の良さを紹介したいと思います!

日傘男子は気持ち悪い


男性でも日傘をさしたいと思っている人は少なからずいるでしょう。ですが、多くの人は周りからの視線やどう思われるかが気になってしまい、なかなか思っていても日傘をさすことができないのではないでしょうか?
確かに、一部の人たちからは気持ち悪いと思われるでしょうが、気にする必要はないでしょう。
そもそも、なぜ日傘と男性の組み合わせに違和感を感じるのかといえば『日傘=女性』のイメージが強すぎるからです。
しかし、この固定概念は今の時代では古い考え方です。今では、男性用のコスメブランドやメンズ脱毛などメンズ美容に関わるものが多くできてきました。
男女問わず肌を気にすることは当たり前の時代になってきたのです。
そこで、まだ少し日傘に抵抗のある男性やそうでない男性に日傘を使うことで得られるメリットを紹介していきたいと思います。

日傘を持つメリット


日傘をさすことで様々なことの予防ができます。
1番は、熱中症対策になります。近年、熱中症の対策をしていてもかかってしまう人は多くいます。少しでも予防になるよう日中だけでも暑さを和らげるために日傘でカバーすることをお勧めします!

次に肌トラブルの予防にもなります。
紫外線が多い季節、日焼けやシミになってしまったり老化を早めたりなど肌に悪い作用が多いため、できる限り紫外線から肌を守りましょう。

最後に将来の抜け毛予防にもつながります。
汗をかくことで蒸れや殺菌で頭皮が痒くなるだけではなく、乾燥することで抜け毛やフケの原因になってしまう事があります。
帽子をかぶるより日傘をさす方が何倍もいいでしょう。

このような事を考えると日傘はとても利便性が高いと思いませんか?

買う時の選び方


日傘を買おうと思ってもどれを買えば良いのか分からない男性に選び方をご紹介します。

まず、買うときは遮光率とUVカット率をチェックしましょう。
遮光率とは直射日光を遮る割合で、UVカット率は紫外線をカットする割合です。
日傘を選ぶときは、遮光率99.99%以上、UVカット率99.99%以上の傘タイプがおすすめです。
手で持つのが嫌な方は、長傘より折りたたみを推奨します。コンパクトに鞄に収まり持ち運びやすく、いつでも紫外線と暑さから守ってくれます。
日傘を買うなら晴雨兼用タイプも便利です。
お出かけ先で急に雨が降ってきてもこちらのタイプなら雨に降られても安心できます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、日傘についてご紹介しました。様々なタイプがあるため自身に適したものを選んでくださいね。暑い夏を少しでも涼しく快適に過ごせるようにしましょう。

メンズアクセサリーの通販サイト「PINCTADA」はこちら
https://www.pinctada.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧