しまった!シミができてしまった……。シャツの汚れに効く応急処置

オーダーシャツ

コーヒーをこぼしてしまった、食事中に気付いたらこぼしていた、ボールペンでいつの間にか汚れていた、など、シャツを汚してしまうことも……。
すぐに洗濯できない場合の汚れを落ちやすくする応急処置方法をご紹介したいと思います。

水溶性の汚れには


汚れには、水溶性、脂溶性、不溶性があり、ほとんどの汚れは「水溶性」にあたります。
コーヒーや紅茶、ジュースなどの飲料、ケチャップやしょうゆなどの調味料、血液や水性インクなどが水溶性の汚れです。
水溶性の汚れは、とにかくすぐに対処することで、あとで洗濯した際に汚れが落ちやすくなります。ティッシュに水をつけてトントン叩いて汚れを薄くしましょう。
可能なら、下にタオルをしいて、歯ブラシで叩くとより汚れが取れます。

油性の汚れには


油を含む汚れ、例えばマーガリンやバターのしみ、口紅やファンデーションの化粧品、油性ペンなどがこれにあたります。
「油性」汚れの場合も、素早く応急処置することであとで洗濯したときにきれいに落とせるので、なるべく早く応急処置しましょう。
油性の汚れの場合は、濡らしたタオルやハンカチを裏から当てて、ハンドソープや石鹸をつけて、トントン叩くと汚れが押し出されます。油性ペンは、アルコールに溶けるので、エタノールや除光液で落ちる場合もあります。

不溶性の汚れには


「不溶性」の汚れとは、水にも油にも溶けない汚れで、固形物が入った汚れです。具体的には泥汚れや墨汁がこれにあたります。
不溶性の汚れは、乾かすと落ちやすくなりますので、乾くのを待って手でもんだりして、固形物を取り除きます。
なるべく固形物を落としたら、洗濯用の固形石鹼をしっかりとこすりつけて、あとは通常のお洗濯をしてください。
泥汚れは乾いてからはたくと意外ととれたりしますので、付いてすぐは焦りますが、あえて乾かしてからとる方法があるのも覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか、今回は汚れたシャツに効く応急処置を汚れタイプ別に3つご紹介しました。
「水溶性」、「油性」の汚れに関しては、なるべくすぐに汚れを落とし、「不溶性」の汚れは様子を見ながら乾いてからはたいてみると良いそうです。
それでもやっぱり汚れは嬉しいものではありません。日頃からペンをポケットに刺さないようにするなど注意をして過ごすと良いかもしれませんね。

PINCTADAでは豊富な生地から、パーツをお選びいただきオーダーシャツをお作りいたします。

メンズアクセサリーの通販サイト「PINCTADA」はこちら
https://www.pinctada.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧