オーダーシャツを作るならここをこだわりたい!おすすめのポイント3つ

オーダーシャツ

毎日着るシャツだからこそ、こだわりのオーダーシャツを着たいですよね。シャツのシルエットから、ポケットまで自分の好みで作れるオーダーシャツですが、よりご自分に合ったシャツを作れるよう、こだわっていただきたいポイントをご紹介したいと思います。

全体の印象が決まる生地の柄

オーダーシャツは、生地から自分で選ぶことができます。
生地といっても、コットン・リネン・ポリエステルなどの素材、ブロードやオックスフォードなどの生地の織り方、さらに無地やストライプなどの柄まで、選ぶポイントがたくさんあります。
ビジネスシーンでの着用が多い場合は、それにあった素材や柄を選ぶと良いでしょうし、季節ごとにシャツを合わせてコーディネートしたいかたは、風合いや通気性を合わせて選ぶとよりおしゃれにシャツを着こなすことができます。

シャツの印象を左右する「襟」


シャツの襟は、形によってまったく違う印象になります。
一般的に一番多い形が「レギュラーカラー(上記画像)」です。ネクタイやジャケットとの相性が良く、TPOを問わず着れるタイプのものです。
よりレギュラーカラーより首元がすっきり見える「ワイドカラー」、ノーネクタイやクールビズに最適な「ボタンダウン」、蝶ネクタイとの相性が抜群なフォーマル用の「ウィングカラー」など、種類がたくさんあります。
悩んでいるかたは、どのようなシーンがメインで着るかをスタッフさんに相談するのもひとつの手です。

さりげないお洒落感が出る「カフス」


カフスとは、シャツの袖に当たる部分のことです。あまり意識することのないカフスですが、市販のシャツではあまり見ない形のカフスで作ることができるのも、オーダーシャツならではの魅力です。
例えば、柔らかいイメージになる角が大きな丸型の「大丸」や、カフスボタンをつけることができる「ダブルカフス」、片方のボタンを外すと時計をスマートに付けられる「ダブルボタン」など、カフスで遊び心を取り入れたいですね。

まとめ

いかがでしたか、今回はオーダーシャツを作るならこだわりたいポイントを3つご紹介しました。
生地の柄や素材、シャツの顔ともいえよう襟、さりげないお洒落感を演出できるカフス。どれも選ぶことができるのはオーダーシャツならではですよね。
是非この機会にカスタマイズをお楽しみください。

PINCTADAでは豊富な生地から、パーツをお選びいただきオーダーシャツをお作りいたします。

メンズアクセサリーの通販サイト「PINCTADA」はこちら
https://www.pinctada.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧